男性看護師 オペナース

男性がオペナースとして求められる理由

男性看護師がすでに地位を築いた職場としてオペ室が挙げられます。男性看護師はなぜオペナースとして求められるのでしょうか。

 

オペ室に勤務する看護師の業務は、病棟に勤務する看護師の業務と大きく異なります。病棟では患者さんとのコミュニケーションが求められますが、オペ室ではコミュニケーションが求められることはほとんどありません。あくまでも手術を円滑に進めることが求められるので、患者さんとのコミュニケーションよりも医師を的確にサポートすることが求められます。

 

例えば、オペナースの主な仕事に挙げられる器械出しでは、オペの進み具合を見ながら、次に必要になる器具を予測し差し出すことが求められます。オペ室では複数の診療科目の手術を行うことが多いので、取り扱う器具はかなりの数になります。

 

手順の先読みや組み立ての能力が求められるので、女性よりも男性のほうが向いているといわれることが多いのです。また、手術によっては長時間に及ぶこともあります。長時間にわたり高い集中力を維持する体力が求められるので、この点においても男性が向いているといわれるのです。

 

以上の理由などにより、オペナースとして男性看護師が活躍をしています。すでに地位が確立しているので、男性にとってやりがいがあり働きやすい職場といえます。とはいえ、病院により実態が異なるので転職を希望する方はその実情を調べるようにしましょう。

 

看護師転職サイトを利用すれば、豊富な看護師求人に出会えるほか、コンサルタントから内部情報を教えてもらうことができます。ランキングを参考に信頼できるコンサルタントをお探しになってみてはいかがでしょうか。

 

ナースフル